相続について

相続についてのイメージ

相続対策は(1)節税、(2)納税資金、(3)遺産分割、(4)遺言書の4点が主なもので、いずれも重要な対策となります。
また早期から実施して、定期的な点検をおこなうことにより大きな効果が期待できます

相続対策は相続が発生してからは不可能ですので、日頃から行う必要があります。

相続税の節税対策

相続税額を少なくする対策です。
不動産の活用・生命保険・孫養子・所得の分配などで相続税の課税価格を減らすことから、相続税の特例を適用するための対策、生前贈与など多岐にわたります。

納税資金対策

いざ相続税が発生した場合に納税資金を確保する対策です。
相続税対策を実施したが、財産が多額だった為に相続税が発生した場合も考慮する必要があります。納税資金の確保をしないと、相続人が苦労することになりますし、遺産分割に支障をきたす恐れもでてきます。

遺産分割対策

相続争いを防ぐための対策です。
仲のよい兄弟でも相続となると揉めることは日常茶飯事です。相続財産が多い場合はもちろんのこと相続財産は自宅のみなど分割しづらいケースでは相続税が発生しなくても揉めることもあります。
生前に揉めたくない気持ちも十分わかりますが、最悪のケースの裁判などに発展しないために生前に考えましょう。

遺言書の作成

遺産分割対策の一つです。また相続人以外に財産分与を行いたい場合には遺言書を作成しましょう。
遺言書は被相続人が死後に意思表示を行う唯一の手段です。「Aには財産を多めに残したい」、「世話になった姪にも財産を分与したい」など色々なことを行うことができます。
ただし税金や法律を考えないで遺言書を作ると、相続争いが発生したり、税金が増えたりしますので税理士にご相談下さい。